​幼稚園の紹介・給食

■はじめに
上武大学附属幼稚園では園の一角に給食室があり、

子どもの発育・発達に必要な栄養量を確保する為、

厳しい衛生管理の下、栄養士・調理師により

できたてでおいしい完全給食を提供しております。

また給食を通して子どもの食への関心を高め

「食育」へとつなげたいと考えております。

■おいしい給食
○国内産使用:野菜・肉ともに新鮮な国内産使用
○旬の野菜使用:旬の野菜はおいしいだけでなく、その時期に必要な栄養素が豊富に含まれています
○薄味:幼児期は味覚が発達する大切な時期なので素材の味を生かしています

■安全な給食
○国内産野菜も除毒:見た目をよくするため国内産野菜にもかなりの農薬が使用されています
○衛生管理の徹底:まな板などの調理器具、洗い場は食材に分けて使用

         食器・スポンジにいたる調理器具など毎日消毒しています
○調理の工夫:様々な大きさ・形・かたさを経験しながら口の中で処理できるように配慮しています

       かむことは、子どもの成長にとても重要です。

       食べ物をかみ砕き、吸収をよくするばかりでなく、唾液の分泌を促して吸収を助ける、

       あごの発達や口の筋肉を強化する、脳を刺激する、言葉の発達を促す、肥満を予防するなど、

       子どもの成長に大きな影響を及ぼします

■1回の食事目安
○幼児のエネルギー所容量
歳3−5 男1550 女1500(kcal/日)
○給食の例:ごはん、からあげ(レタス、レモン添え)

      三色ナムル(もやし、きゅうり、人参)

      わかめと玉ねぎのお味噌汁 (560kcal)
栄養分類:エネルギー源(お米) 
     風邪予防(三色ナムル)        
     成長期の体をつくる(からあげ) 
     腸の調子を整える(三色ナムル、お味噌汁)


■除去食
除去食対応。かかりつけの医師から食物アレルギーと診断され、ご家庭で作っている場合対応致します。

■行事食
 7月 七夕ゼリー
12月 クリスマス会(サンドイッチ、フライドチキン、ケーキ)
 1月 餅つき (お餅、けんちん汁)
 3月 ひな祭り(ひなあられ)
毎月の誕生会には、おいしいカレーが出ます。

■最後に
家族で楽しく食事をすることは、食育の原点といえます。

食育とは、食を通して人をよく育てること。

食事のマナーを教えることは大切ですが、まずは家族一緒に食事をし、

食べることの楽しさや喜びを、言葉に出して一緒に感動してみましょう。

その経験は、子どもを心身ともに健康にしていきます。